--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
2012/04/30 (Mon) 19:58

フリーキャスターの吉田恵(35)が30日、自らのブログで、大手企業役員の夫(39)と離婚したことを発表した。  「ご報告」と題したエントリーで「先日、離婚届を提出しました」と報告。

破局の理由については具体的に明かさず、「色々悩みましだが、前向きな将来を考えて出した結論です」と説明した。  「十年間の結婚生活は充実した日々でした 感謝の気持ちでいっぱいです」と元夫に対する心境を明かし、円満離婚であることを強調した吉田。

「これからも様々な事に挑戦し、元気により仕事を頑張っていきたいと思っています」と仕事への意欲をつづっている。         つづきはヤフーニュースへ

明るい別れ方が出来たみたいなコメントですが、円満離婚の原因は仕事?異性関係?

 円満離婚の意味がわまりませ~ん!

 

おススメサイトのご紹介!

☆年上の女性が出世させてくれる理由を知りたい方は年下の彼氏と幸せになる方法まで!

☆大事なお葬式で恥をかきたくない方は知っておきたいお葬式まで!

☆リバウンドを繰り返している方は健康ダイエット術まで!

 

「新報道2001」2012年4月22日放送(1/2)

「新報道2001」2012年4月22日放送(1/2)新報道2001 2012年4月22日ゲスト長島昭久(首相補佐官)、中谷 元(自民党・政調会長代理) 解説・コメンテーター佐々淳行(初代内閣安全保障室長) 朱 建栄(東洋学園大学教授) 宮家邦彦(キヤノングローバル戦略研究所研究主幹) キャスター須田哲夫、吉田 恵平井文夫(フジテレビ解説副委員長)

離婚カウンセラーがすすめる失敗しない離婚術とは

離婚問題の相談先は弁護士だけではありません。離婚カウンセラーという離婚専門アドバイザーに相談しましょう。離婚調停からその後の補償問題まで、弁護士レベルの離婚アドバイスをしてくれます。宝田由美子行政書士は離婚専門行政書士として数々の離婚問題のアドバイスや指導をいています。

ご本にも離婚経験があり3人のお子さんがいます。公正証書には、法的な強制力と執行力があります、裁判判決と同等の効力が認められていため、裁判を起こさなくても強制的に取り決め事項を守らせる強制執行力があるのです。

強制力を実現させるためには、「強制執行認諾条項」を入れておかなければなりません。「強制執行認諾条項」とは、契約を履行しない場合には強制執行を受けても異存ありませんという文言のことです。

強制執行認諾条項を入れておくことにより、養育費や慰謝料の支払いが滞った場合でも裁判で強制執行を認めてもらわなくても、公正証書をもって強制執行を行うことができます。離婚の際にその後の養育費の支払いを口約束だけで決めていた場合のかなりの割合で支払いが滞っているのが現状です。

新たなスタートをするためにも離婚後のことは離婚カウンセラーの適切なアドバイスを利用してみましょう。

 

 

30代が犯しやすい離婚と復縁とは

別居や離婚を経験してしまい冷静になれる時間を持つとやはり別れた相手が最高であったと気が付く事があります。別れてしまったのだからと、違う人生を模索し進める人もいれば時間が経てば経つほどの別れた人の事を思ってしまうこともあります。

復縁は悪い事ではありません!お互い冷却期間中に違う見方ができるようになっているし、お互いが成長して認め合い許しあう余裕が出てきています。

復縁すると親戚に対する目や友人知人になんて言おうか体裁ばかりが気になりますが、お互いの幸せの為なら恥を忍んで復縁してみるべきでしょう。

長い人生です一時の感情的な諍いは終わってみれば「あんな事位でなんで・・・」とか不思議なくらい過去の事がばかばかしく思えてくることがあります。

別れたことに後悔しているうちは別の人生がうまくいくことはありませんし相手にも失礼です。こうった後悔の念を抱いていると新しい再スタートを切っていたはずなのに元へ戻ろう戻ろうと深層心理が現状を受け入れようとしなくなります。

後悔をするくらいなら復縁を考えている間はその可能性が有るか無いかを別れた相手に確かめてみるべきです。

 参照サイト30代だから知っておきたい結婚の教科書

スポンサーサイト

 
 
コメント:投稿
名前
題名
mail
URL
pass
装飾
本文
非公開
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。